数学0点だった自分でも実現した、介護職で収入アップ方法と副業で収入を得る方法をお伝えします。

ハンターハンターのクロロvsヒソカって一体何がいけなかったの?


1マンガ大好き読者さん ID:chomanga

あんなん絶対面白くなる要素しかないじゃん
2マンガ大好き読者さん ID:chomanga
クロロが手抜き
4マンガ大好き読者さん ID:chomanga
クロロの能力が後付け酷すぎて説明だらけ
6マンガ大好き読者さん ID:chomanga

結局タイマンじゃなかったから

16マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>6
あれ結局共闘なんか?
だとしたら団長ダサすぎるやろ
ナランチャに頼ったディアボロ並みにダサい
20マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>16
頼ったのはドッピオだから…
31マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>6
共闘説って根拠あるんか?
33マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>31
ないで
何故か確定したことにしたがる
101マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>31
マチのセリフから共闘説がありえるって話や
それでヒソカがブチ切れたみたいな
53マンガ大好き読者さん ID:chomanga
共闘説の方がお互いの温度差あって良かったやろ、ガチのタイマンで負けましたなんてウチのヒソカがバカみたいじゃないですか
136マンガ大好き読者さん ID:chomanga
タイマンかと思ったらクロロが観客操ってそれをヒソカが無双するとか意味わかんない
19マンガ大好き読者さん ID:chomanga

蟻編であれだけインフレした後に見せる戦闘じゃない
あの場にピトーいたら1コマでクロロとヒソカが首チョンパされてるやろ
170マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>19
カイトでそこそこやれてるのに?
177マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>170
能力身につける前の纏くらいしかできん舐めプピトーやし
183マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>170
やれてないやろ
一瞬で腕もってかれとったし
223マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>183
キルア「カイト一人ならあんな事にはならんかったんや…」
22マンガ大好き読者さん ID:chomanga
キメラアントに比べてスケール縮小し過ぎたのと単純に理屈っぽすぎる
人間の頭部がボウリング玉だからってなんやねん
23マンガ大好き読者さん ID:chomanga

人間の頭は重い(キリッ
いやヨーヨー50kgはどうすんねんと

28マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>23
鍛えているからセーフ
39マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>23
そもそも天空闘技場でゴンが石畳投げてるしマジで今更やった
61マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>23
理屈はわかるけど
試しの門で何十トンもくぐってる世界なのにな
41マンガ大好き読者さん ID:chomanga

死後強まる念が都合よすぎるやろと思った

55マンガ大好き読者さん ID:chomanga
死後の念で生き返れるのご都合すぎるやろ
だったら瀕死の重傷にしといてほしかった
65マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>55
カミィさんディスってんの?
110マンガ大好き読者さん ID:chomanga
理由つけて逃げまくって除念手伝ったヒソカへの詫びも忘れてタイマンルール破り
死後の念でパワーアップしたヒソカに能力元消されまくるとか色々ガッカリ感がな
235マンガ大好き読者さん ID:chomanga
そもそもクロロの能力が「盗む」なのに団員から「借りる」時点で好きじゃない
238マンガ大好き読者さん ID:chomanga
能力のお喋り多すぎ
344マンガ大好き読者さん ID:chomanga

ヒソカの引き出しがなかったことやろ
団長は全力で迎え撃ってきてるのにヒソカはなんの策もなかった訳やし
348マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>344
単一能力では即応性の応用力広いと思うがな
404マンガ大好き読者さん ID:chomanga
414マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>404
ワンパンされるわ
416マンガ大好き読者さん ID:chomanga

>>404
当時から小物感すごいな
59マンガ大好き読者さん ID:chomanga

戦いの動きよりも口の動きのが多い
引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1614384566

Source: 超マンガ速報
ハンターハンターのクロロvsヒソカって一体何がいけなかったの?

この記事を書いた人